自由なライフスタイルブログ

脳の神経ネットワークを同時発火させたい

PR

スポンサードリンク


「了解」のことを「り」とか言ってるやつは頭ぶっとんでる

スポンサードリンク

スポンサードリンク

masa-ryu16.hatenablog.com

前回は「自分を小さくするマインドブロックを壊していきたい - 自由なライフスタイルブログ」の記事を書きました。

  

自分は20代後半なんだけど、バイト先では毎年毎年新しい後輩が増えては減っていく。高校生のバイトの子なんかは10才くらい年が離れているんだけど、言葉づかいがダメだな~と思う事がたまにある。基本的には先輩に達しては敬語で接してくれるのだが、ちょっとフレンドリーになってくると、了解のことを「り」とか言ってくるからぶっ飛ばしたくなる。(冗談だよ) もっとひどいのは、こちらが言った事に対して「それな」とか言ってくるパターン。もちろん真面目に話してる時とか仕事の指示を出してる時にそういう事はさすがに言わないけど(言ってもおかしくないやつもいる)、仕事とは無関係の雑談してる時とかに「それな」とか言ってくる時があるから、これまたド突きたくなる。笑 

 

「それな」に関してはかなり前にもブログで書いた事あるけど、マジで頭悪いからやめた方が良い。俺が思うに「それな」っていう言葉には相手が言った言葉に対して「俺もそれ思うわ」とか「その通りだよな」とか「それ分かるわ」とかそういう意味合いが込められているのだろう。そういう気持ちがあるならせめてもう少し具体的に反応しろよ。こちらが言った事に対して「それな」っていう一言で「俺もそれ思うわ」みたいな意味合いで言ったとしても俺から言わせれば「ウソつけ!この低能が!お前がそんな意見持ち合わせてる訳がないだろが!」と言いたくなる。笑(もちろん言わないが)

 

言葉っていうのは、何でもかんでも略せば良いというものではないし、略して良いものとダメなモノがあると思う。そして当たり前だが、それは時と場合によって使い分けなければいけない。その辺のさじ加減を分かっている人は分かっているが、うちのバイト先の高校生アルバイトのやつは頭悪いのか知らないが、それが分かっていないやつが2人くらいいる。しかもそれは男子ではなく女子のほう。笑 基本的に男という生き物は男の後輩と女の後輩がいたら、どちらかといえば女の後輩にタメ口を使われる方が抵抗が無いと思う。男の後輩にタメ口を使われたらムカつくけど女の後輩にタメ口を使われても許してしまう部分もあるだろう。さすがにそれが日常的にあったらダメだけど、たまにだったらいっか。みたいな。男の後輩がタメ口使うにしても、それがここぞという時に笑いになるようなタイミングで言ってもらえたら別にかまわない。それは日頃から先輩として敬っているという事が大前提になるけどね。

 

方言でもなければ、笑いを取るために「それな」っていう言葉使う以外のタイミングで素で使ってるとしたら、マジでそういうやつは見下すし、できるだけ関わりたくない。そしてもっとひどいと思うのが「了解」のことを「り」という一文字で返すやつ。日本の未来は大丈夫か?とか思う。(フリーターが言うのも何だが)男子より女子の方が使ってる頻度が多いのだろうと思うが、こういう言葉を使ってるやつは間違いなく、言語能力が低いし、物事を論理的に考える力が著しく弱いだろう。了解の事を「り」で表すなんて、今まで聞いてきた略語の中で一番衝撃的だった。ていうか100歩譲ってそういう言葉を女子同士で使うだけなら構わないが、バイト先の先輩である俺にまで使うなよ。このボケが。確かに俺は先輩後輩の関係をなるべくソフトにしたいと思ってるから、結構フレンドリーに接したりはする。でもそれは必要以上に先輩として身構えなくていいよ。っていう意味を込めてのフレンドリーさなのである。だからといって「それな」とか「り」とかそんな略語を使っていいとは言ってない。笑

 

「親しき仲にも礼儀あり」っていう言葉があるけど、正にそれ。どんなにフレンドリーになっても最低限の敬語は必要だし、意味が分からない略語まで使ってくるのはどう考えても超えちゃいけないラインを超えてきている。ていうか逆の立場だったら、絶対にできない。俺が先輩に対してどんなにフレンドリーになったと思っても、そんな時折タメ口だったり略語だったりの言葉なんて絶対に言えない。それは例え1歳違いの先輩に対してもそうである。昔に比べて厳しい先生とか先輩とかがどんどんいなくなってきているからか知らないけど、そういう部分に関してあまあまな考えな奴がたま~にいるね。もちろん若くてもしっかりしてるやつはしてるし、変な奴は変よ。

 

了解のことを「り」っていう一言で表す奴って、論理的思考が完全にぶっ壊れてると思う。ちなみに、ちょっと前までは「りょ」だった事を覚えてる。それがいつしか「り」になった。「りょ」の時点でもう既におかしいと思っていたが、まだ2文字だから「りょ」から始まる言葉の選択肢が限られてくるから、少しは理解できていた。しかし、了解のことを「り」という事に関しては、どう考えてもおかしい。なぜなら「り」から始まる言葉なんて探せばいっぱいあるからである。

 

例えば、

 

りす、リアクション、リアル、理科、リオデジャネイロリカバリー、理解、利子、リセット、理想、リターン、リテラシー、リニューアル、理念、リハーサル、リミット、リモコン、理由、リンゴ、竜、旅行、

 

などなど、ざっと考えただけでも「り」から始まる言葉これだけあるのである。なのにも関わらず「り」=「了解」という解釈になっている事がちゃんちゃらおかしいのである。もう一度言うが、ここぞという時に笑いの為に使ったり、愛用してるやつら同士で使う分には一向に構わない。だけど、「了解」っていうのが面倒くさいから「り」という言葉で自分に対して済ませてきた奴がいたら、俺はそいつの事を徹底的に陰口で叩く。笑(直接いう事もできるけど、理解できそうな人にしか言いたくない)だってどう考えてもおかしいし、そういう言葉を日常的に使ってる奴とは、おそらく根本的に考え方が合わない人種だから、さっさと目の前から消え去ってほしい。笑

 

ちょっとくらい良いじゃんって思う人もいるかもしれないけど、そういう言葉づかいってのは、使う人間はクセになってるから、他の場面でも何かしら訳の分からない略語を使ったりしてるんだよ。てことは、それがおかしいって事にも気づかなければ、まともな日本語を使えるようにもならないんだよ。仲の良い友達とペラペラ喋ることができてるだろうから、言葉には何不自由してないって本人は思ってるだろうけど、そういうのを見てる上の人は確実に心が離れていくし、見込みがないって思ったら見切りつけるから。進学しようと就職しようと、これまでと違う社会に出てそういう言葉づかいをして、損したとしてもそれは全て本人の責任なので俺は知らん。笑

 

という事で「それな」と「り」の2つのキーワードだけでブログ書いてみた。正直どうでも良いと言えばどうでも良い。こんな事くらいでイライラするなよって思われるかもしれないけど、気分は至って晴れやかだよ。前々から思っていた事ではあるけど、気にするほどの事でも無かったけど、改めてブログという場で具体的に自分の思ってる事を書いてみようと思って、表現してみた。ただまあ、男っていう生き物は誰でも可愛い女には弱いと思う。だから万が一、自分好みの可愛い女が「それな」とか「り」とか言ってきたとしても、果たして気に障るのかどうかは極めて怪しい。まあそういう女は多分好きにならないけど、万が一好みの女性が使っていたら、90%くらいの確率で許すだろう。笑

 

ありがとうございました。