自由なライフスタイルブログ

脳の神経ネットワークを同時発火させたい

PR

スポンサードリンク


ショートカットキー知ってると時間や労力を大きくショートカットできる

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

f:id:masa-ryu16:20170216181714j:plain

masa-ryu16.hatenablog.com

前回は「パソコンだけで情報収集してる自分より、たまには本屋さんに足を運びたいなと思う - 自由なライフスタイルブログ」の記事を書きました。

 

今日も一日フルパワーでいきましょう。

贅沢しなくても人はフルパワーを出せること自体が幸せなことなんじゃないかな。

 

僕は基本的に文章はワードに書きます。ブログに投稿するしないに関わらずワードに書いていきます。以前はメモ帳にタイピングしていたのですが、メモ帳よりもワードの方が使いやすいなと思ったので、ワードで書いています。

 

フォントとか文字サイズなどを自由に変えられる所が一番大きいかもですね。

 

あとメモ帳は〇行〇列とかは出るのですが、文字数までは表示されません。それに対してワードの場合は左下に現在の文字数が常に表示されるので、それも一つの要因です。

 

自分が今何文字書いているかを知るためには文字数カウンタのような無料ツールを使えば簡単に分かるのですが、それよりもっと簡単なのは常に表示されている事じゃないですか。

 

なので常に左下に文字数:〇〇と表示されるワードは文章を書いていてとても気持ちが良いのです。それに縦も横も面積が広いので全体的な文章を見渡せるので、次に何を書こうかと考えやすいメリットもあります。

 

そしてこれはメモ帳もワードも同じですが、いま自分が書いている文章が途中で消えたりパソコンがフリーズしたりしないように、こまめに上書き保存することができます。

 

Ctrl+Sを押せば簡単に上書き保存できます。なので、文章を書いている流れで保存しておきたいなと思った瞬間にできます。とても便利ですよね。

 

ちなみに他のアプリケーションと切り替えるときは、Alt+Tabを押せばブラウザやワードなどを切り替えられます。ちなみにAlt+Shift+Tabで逆回転に切り替えられます。

 

ショートカットキーを覚えるだけでかなり色々な作業が簡単になりますので、ぜひ興味がある方はグーグル先生に聞いてみて下さい。親切かつ丁寧に教えて下さりますよ。

 

グーグルのブラウザを使っている人が多いと思うけど、タブを2つ3つとどんどん増やしていった場合は、タブの切り換えをすると思います。その場合も、Ctrl+PageUpやCtrl+PageDownを押せばタブを左に右に自由にチェンジすることができます。これも知ってるだけで得します。時間や労力を大幅にショートカットできます。

 

Ctrl+Aは全範囲指定、Ctrl+Cはコピー、Ctrl+Xは切りとり、Ctrl+Vは貼り付け、Ctrl+Zは元に戻す、などのショートカットキーは知っている方が多いと思います。これらは基本中の基本なので、知ってると知らないの差がかなり大きくなります。

 

グーグルクローム限定かもしれないけど、Ctrl+Tは新しいタブを開く、Ctrl+Wは現在のタブを閉じる、Alt+F4を押すとブラウザ全体を閉じることになります。

 

自分の中では去年2016年の後半に入って初めて知った奴なのですが、Fn+F5、Fn+F6によってパソコン画面の明るさを調整することができます。これに関してはそれまでコントロールパネルを開いてその中から画面の明るさ調整をクリックしてからわざわざ調整していました。

 

なので、まさかパソコン画面の明るさ調整のショートカットキーが存在していたなんて青天の霹靂でした。他のパソコンでも全く同じキーなのかどうかは分からないけど、僕のパソコンのF5とF6のキーには太陽マークみたいなものが書いてあったので、それが明るさ調整の印だと思います。

 

朝から昼の4時あたりまでと、夕方から夜にかけての外や室内の明るさは必然的に変わるので、外や室内の明るさに応じてパソコン画面の明るさを調整する必要が出てくると思います。夜になっても眩しい画面のままで作業していたら目に入る光が強すぎて睡眠にも悪影響を与えると思うので、照度を下げることは大切です。

 

ぜひ参考にしてみてください。

 

本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございました。