自由なライフスタイルブログ

脳の神経ネットワークを同時発火させたい

PR

スポンサードリンク


快晴の日はベランダで太陽光を浴びながら、音楽やラジオを聴いたり読書したりしてる。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

 

f:id:masa-ryu16:20160301124851j:plain

masa-ryu16.hatenablog.com

 

前回は「精製水とグリセリンとにがりを混ぜたミネラル化粧水によってアトピー肌が回復してきた。 - 自由なライフスタイルブログ」の記事を書きました。

  

最近は、晴れの日はベランダで音楽を聴いたり、インターネットラジオを聴いたり、読書したり、ぼーっとしたりしています。1回で30分~1時間くらい過ごすこともあるのですが、この生活がけっこう楽しかったりします。

 

この記事を書いてる日が12月28日で、まだまだ冬の寒い気温が続いているのですが、晴天の日の午前中から午後3時くらいまでは、けっこう温かいので、ベランダで過ごすことができます。

 

僕の家は4階建ての市営住宅の3階に住んでいるのですが、かれこれもう21年くらい住んでいます。しかし、今まではベランダでくつろぐという事自体を考えたことがありませんでした。

 

せいぜい、朝から洗濯物を干すときにベランダに出るか、パソコンや読書の合間に目を休めるために、外の遠くの景色を見る為にベランダに出るくらいでした。

 

ベランダにいたとしても5分くらいです。10分もいませんでした。

 

それが今となっては、30~60分くらいベランダで優雅に過ごすようになりました。

 

元はと言えば、アトピー肌を治すために色々と情報を調べているときに、太陽の光に当たることもアトピー肌の人にとっては効果があると聞いた事がありました。

 

詳しくは説明できないですが、太陽光の紫外線などが、アトピー肌の人間にとっては、ステロイドの役割をするといった情報を見つけたので、物は試しだと思って太陽光をベランダで浴びるようになったのです。

 

太陽光には色々な波長の光が含まれているのですが、中でも赤外線、可視光線、紫外線などに分けられます。

 

赤外線は温熱効果があるようですが、この中で皮膚に最も影響を与えるのは紫外線だと言われています。紫外線の中にも3種類ほどあり、ここでは省略しますが、皮膚を黒くする効果や赤くひりひりと焼ける効果などに分けられるようです。

 

アトピー肌の人にとって、太陽光が必ずしも吉となるかどうかは、一概にはいえませんが、少なくとも僕にとっては、太陽光を浴びた方が皮膚の調子が良いです。

 

そんな理由から、ベランダで過ごす時間を12月の最初あたりから、設けることにしたのです。それが今となっては、ベランダで過ごすこと自体が楽しくなってきて、太陽の光を最低でも30分間は浴びるように心がけています。

 

ちなみに、太陽光を浴びるときは、半袖半ズボンになるようにしています。

 

まだ12月の後半なので、少々寒いですが、晴天の日の太陽光はぽかぽかと暖かいので、意外と大丈夫でした。

 

僕が尊敬している苫米地英人先生の本に書いてあったのですが、太陽の光を浴びるときは、ひじ裏とひざ裏に当てるようにした方が良いそうです。

 

なぜなら、ひじ裏とひざ裏に毛細血管が集まっているからだそうです。

 

朝起きて、太陽の光を浴びることによって、メラトニンの分泌が減少し、セロトニンが分泌するようになります。そして夜になるとまた、メラトニンが分泌するようになるそうです。

 

余談ですが、メラトニンが十分に出ることによって、脳が活性化します。

 

メラトニンが十分に分泌することによって、前頭前野が活性化して、高い抽象度の思考ができるようになるようです。

 

このあたりの事は、確か何個か前の記事でも書きました。

 

話が変わりましたが、以上の理由によって、太陽の光を浴びるときは、半袖半ズボンになるようにしています。

 

苫米地先生の本に書いている内容や、アトピー肌を治すためという理由で、晴天の日はベランダで過ごすようになったのですが、最初の理由とは関係なく、次第にベランダで過ごすこと自体が楽しくなってきました。

 

ちなみにベランダで過ごすときは、直立状態のときもありますが、ベランダ用のイスを置いているのでそこに座ったりもしています。

 

読みたい本や、好きなドリンクを近くに置いて、スマホで聴きたい音楽やラジオを聴きながら、優雅に過ごしています。

 

3階に住んでいるので、外の景色の眺めも良いです。

 

特に騒音もなく、遠くの山や周りの田んぼや住宅街を見渡しながら、太陽の光を感じています。

 

太陽光の赤外線の効果なのか、体の内側から温まってきます。

 

傍から見たら何てことはない、日常の過ごし方なのかもしれないけど、僕はこの過ごし方をちょっとした贅沢とすら考えています。もちろん、お金はいっさい掛からないけど、至福のときなので、贅沢と呼んでいいのではないかなと思いました。

 

こんな贅沢な時間の過ごし方になぜ今までは気づかなかったんだろうと、少し後悔しましたね。笑

 

ベランダに置いているイスも、元はと言えば、パソコンを使うときに座っているビジネスチェアーの前に置いて、脚を伸ばして脚置きようのイスにするつもりだったのです。

 

ミスターマックスでたまたまお買い物した2000円ほどの背もたれなしの座りやすいイスです。これがまさかベランダで活用されるとは夢にも思っていませんでした。

 

偶然はじめたことや、偶然買い物したものが、どのタイミングで役に立つのかとか、どれくらい楽しい事なのかとか、実際にはやってみないと誰にも分かりません。

 

なので、どんなにささいな事でも、面白そうと思ったら、ぜひやってみる事です。

 

思わぬ副産物に出会えるかもしれませんよ。

 

これからも快晴の日は、ベランダで30~60分は過ごすという習慣を続けていこうと思います。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。