自由なライフスタイルブログ

脳の神経ネットワークを同時発火させたい

PR

スポンサードリンク


夜早く眠ると快適な朝を迎えられるという当たり前のようで新鮮な感覚。

スポンサードリンク

スポンサードリンク


おはようございます!今日も一日よろしくお願いいたします。

今日は朝から仕事が入っています。バイトが朝番なので9時から16時までです。

 

いつもだったら、朝番の時は8時30分とかギリギリの時間で起きて、慌てて準備して出勤するんだけど、今日は一味違います。

 

今日は朝の6時にはバッチリ目が覚めました!

なぜ朝の6時にはバッチリ目が覚めているのかというと、、、ズバリ!昨夜の就寝時間を11時にしたからです!

 

純粋な生命エネルギーであるオージャスを増やすための本があって、それを読んでいたらその中に、

 

「夜はどんなに遅くても10時半までには布団の中に入って寝ること。

例え、最初は眠くなくとも、続けていれば、そのうち眠くなります。

身体のオージャスを増やすためには、夜10時半までには床に就く事です。」

 

という様な事が書いてあったんです。

 

「ふむふむ。。。夜の10時半までには就寝か。。。早!

でもちょっと面白そうだから試してみようかな?

たださすがに10時半は早いから11時に眠ってみよう。」

 

と思い、11時には布団の中に入る事にしたんです。

ちなみに、いつもの就寝時間は、夜中の1時とか1時半くらいなので、かなり早めた方です。笑

 

そしたらですね、、めちゃめちゃぐっすり眠った感じまでは行かなかったですが、

朝の5時半くらいには薄らと目が覚めてしまい、6時頃には完全に脳も身体もスッキリして完全に目が覚めてしまいました。

 

目覚めの良さと言えばですね、かなり良好な目覚めだったと言えるでしょう。

だからこうして、いま現在6時30分くらいから既にブログの記事を書き始めているという状態にまで覚醒しています。

 

いや~夜早く眠るだけでこんなに快適な朝を迎えられるなんて、、、知らなかった!笑

 

夜早く眠った方が、色々な面でメリットが多いであろう事は、知識レベルでは知っていたとしても、なかなかそれを実行に移すとなると難しいんですよね。

 

特に現代社会ではパソコンやスマホなどを触る事が当たり前の時代だから、

それらを差し置いて、夜の10時半とか11時とかに眠るというのは、多くの人たちにとっては、難易度が高い気がしますよね。

 

でも本の中には、「最初は眠れないかもしれませんが、続けている内に眠くなりやすくなります。」

 

みたいな事が書いてあったので、物は試しだなと思って、挑戦してみたのです。

 

それにしても久しぶりに快適な朝を迎えたー。

こんなに快適な朝なら毎日迎えたいなー。

早起きは三文の徳とか諺(ことわざ)あるけど、当たってる気がするなー。

 

という事で、これからは夜早く眠る習慣を身につけたいと思います。

 

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。