読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由なライフスタイルブログ

日常のありとあらゆる事を綴るブログ

PR

スポンサードリンク


グラップラー刃牙の愚地独歩も空手の正拳に悩んでたけど、菩薩という最高の形を手にしたよね?

スポンサードリンク

スポンサードリンク

f:id:masa-ryu16:20160301124851j:plain


人生は長いようで短い。しかし、人生は短いようで長いというのも事実。結局のところ、人によって時間の使い方は様々だから、時間の感じ方もそれぞれ違う。いま、この瞬間からできることをやっていこう!


何から取りかかれば良いのか分からなくなる事もあるけど、毎日やった方が良いルーティーンは人によって違えど、確かにそこにあると思う。という事はルーティーンをこなしているだけでは、他人と同じ事をしているだけになるし、差別化することができない。


他人と同じでもかまわないという人にとっては、これは関係ない話だけど、他人と少しでも差別化したいとか、突き放して成果を上げたいと考えるのであれば、それなりの原因を作らないといけない。



これは、自分自身に言い聞かせている事なんだけど、どんな時間の使い方がベストなんだろう?と思って毎日を生きている。もちろんその答えを探し続ける事自体に意味があるんだと思う。人間は成長しようとする限り死ぬまで成長を続ける生き物だと信じているから、いまの自分が最高だなんて思っていない。


永遠にこれが最高の自分というのは分からないようになっているのかもしれないけど、常に最高の自分を探し続けていきたいと考えている。



関係ない話を少しはさむけど、グラップラー刃牙という漫画の中で愚地独歩という空手の達人が小さい頃に家で白紙に「99」という数字を書いて、右に永遠に貼りつけていたという過去の思い出がある。「99.999999」というように、ずっと貼りつけているのだが、なぜそんな事をしているのかというと、少年の頃の愚地独歩は「1」になることを目指して「99.99」に「99」をずっと足していったそうだ。


「99.99」と書いた白紙の右側にずっと「99」の白紙を足していけば、「99.9999」はいつか「1」になる。そう信じて、子どもの頃に家の中で延々と貼り続けていたのだが、「99.9999…」はいつまでも「1」にはならなかった。という話である。(これは何巻だったか忘れたけど、地下闘技場のトーナメントで渋川剛気と闘った時に昔を振り返った話。)



何とも純粋すぎて、そんなことあるかい!?って疑いたくなるけど、そんな出来事が愚地独歩の少年時代にはあったそうなのです。これは後々に空手の完成を確信する正拳突きを発見し、ついに「99.9999…」は「1」になった!という例え話に繋がるワンシーンなんですね。(今までは、自分の正拳突きにも納得がいってなかったという前振りがあります。)


何が言いたいのかといいますと、人間も常に最高の自分を探し続けてはいるけど、「これが最高の自分だ!」と思う瞬間というのはなくて、「最高の自分に近づきつつある状態!」というのが、一番正しいというか、自然な状態なのかなと思いました。



もちろん、人それぞれ夢や目標があると思うから、その夢や目標を達成するたびに、今までの人生の中で最も報われる瞬間が訪れると思うので、節目節目では、それが最高の自分なのかもしれません。人間の欲望や向上心に天井はないので、そもそも本当の意味でこれが最高!というのはない事になりますよね。


でもまあ、そんなこと言い出したらキリがないから、やっぱり今の自分が夢や目標を達成して今の自分が最高だ!と思ったのなら、素直に今が「最高の自分!」と認めてあげた方が良いのかなと思います。というか、いま自分が何の話をしているのか途中から、分からなくなってきました。笑



とにかく!重要なポイントは、今の自分が最高か最高じゃないかなんて、置いといて今の自分が「最高の自分」を目指して勉強と行動、そしてそれらを楽しむ事ができているのかどうかが最も大切なんですよね。ありきたりな言葉ですが、やはり「小さなことを積み重ねられる人間だけが、大きなことを成し遂げられる。」って野球のイチロー選手も言ってましたよね。


こういう名言的なものって、使い古されているかもしれないけど、なんだかんだ言ってそれが「本質」なんですよね。本質的なことは、どんなに時代が変わっても、永遠に不変の真理だから、何が起きてもブレないんですよね。


余談ですが、僕は本質的な部分を追い求めていきたいと思っています。どんな分野でも、テクニックとか裏技とかも大切かもしれないけど、やはり一番大切なことは、本質だと思います。




今日のひとり言。




『センターピンと本質は似てる。


ボーリングでセンターピンを倒せば全てのピンが倒れやすくなる。


本質を捉えれば、全ての物事が上手く回りやすくなる。』




本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。