読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由なライフスタイルブログ

日常のありとあらゆる事を綴るブログ

PR

スポンサードリンク


マスクして寝るの(マスク睡眠)は良いことだらけ!?数年間、続けてみた効果・効能。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

f:id:masa-ryu16:20160114124106p:plain


さあ、またまたブログ書いていきましょう。日々の情報収集の集大成といったら大げさですが、日頃から考えている事や、集めている知識や、日常生活でやっている事が文章に表れると思います。


僕は、実は寝るときに薄いタイプのマスクをつけて寝ます。なぜならマスクをつけて寝たほうが、寝ている間に口の中が乾燥しないで済むので、口臭予防になるからです。



もちろんそれだけでは無いのですが、マスクをつけて眠るメリットは他にもいくつかあるようです。マスクをつけて寝ることによって、免疫力が上がるようです。


というかいま、試しにグーグルで「マスク 寝る」っていうキーワードで検索したら、「マスクをつけて寝ることに関してのメリット・デメリット」が書かれたブログサイトがたくさん出てきました!笑



まあ、これくらい身近な話題だったら、そりゃあ書く人もたくさん出てきますよね。まあいいや!だからといって、自分が書かない理由には何にもなっていないので、できるだけ、独自の視点も添えて書いていけたらいいなと思います。



一般的に良く書かれていることは、マスクをすることによって、風邪などのウイルスを直接的に防げる訳ではなくて、マスクをする事によって寝ているときの呼気の湿度が高まるので、その湿度によってウイルスの繁殖・感染を防ぐ確率が上がるようです。

 

ちなみにとかは、湿度が高い方が繁殖しやすいと言われていますが、ウイルスに関しては、乾燥した空気の方が繁殖しやすいようです。なので、寝るときにマスクをつけることは、ウイルスの繁殖・感染の防止になりますね



実際に、僕自身の話をしますが、僕は、3年前くらいから、ほぼ毎日マスク(薄いタイプ)をつけて寝ています。巷では、マスクをつけて寝る事のメリット・デメリットが語られていますが、結論から先に言っておくと、僕はマスクをつけて寝る方が圧倒的にメリットがあると思います。



そもそも一番はじめのうちは、なぜ僕がマスクをして寝ようと思ったのかと言いますと、風邪予防のためとか、色んな理由があったかもしれないけど、一番の理由は、朝起きたときに、口の中が乾いていることが嫌だったからだと思います。



自分は昔、耳鼻科に良く通っていた時期があったので、たまに鼻が詰まって、口呼吸になってしまうことが良くありました。なので、寝るときも本当は鼻呼吸がしたかったのですが、やむを得ず口呼吸になる時があったので、どうしても朝起きたときに、口の中がカラカラに乾いていたのです。笑



おそらくそれが嫌だったのもあり、なおかつマスクして寝たほうが、風邪予防にもなって健康的にも良いんじゃないか?と気づきはじめたのです。あっあと一つ、寝てる間に無意識で空気中の埃(ほこり)とか、大なり小なり吸ってるはずじゃないですか。それもイヤだなと。笑



そういう諸々の理由で、薄いマスク着用の睡眠を開始したのですが、自分の主観的には、はじめて良かったなって思います。ちなみに薄いマスクっていうのは、意外と重要です。普通の厚さのマスクだとやはり呼吸が少ししにくくなるので、それだと最初は良くても後からマスクを外したくなるのです。



そのためには、薄手のマスクが寝るとき用には最適です。薄いマスクでも外したくなるときは、もちろんありますが、その時は下にずらしてですね、楽になるまで、あごに着けていればいいのです。


就寝から起床するまで一回もマスクを外さずにいるかというと、自分の経験上そういうことはほぼ無いです。寝ている間でも無意識でマスクを外すこともありますし、寝返りなどするときに、位置がずれる事もあるかもしれません。



それでも、僕はマスクは無いよりはある方が良いと思っている派なので、デメリットとかが仮にあったとしても、あまり信憑性は感じませんし、少しくらいあったとしてもメリットの方が大きいと確信しています。


ここ3年くらいマスクをしながら寝ているおかげで、本格的に風邪をひいたことは、1回もありません!記憶に誤りがなければ、、断言できます。風邪ひきかけた事は、数回だけありますが、やはりマスク着用しながら寝ることを続けているおかげで、翌日には、ほぼ治ります



それに風邪を引きかけるのが数回といっても、本当に1年に1回くらい、多くても2回くらいかな?風邪引く予感(体調の変化)に気づいた瞬間から、万全の健康管理をしますので、それらの効果も手伝って本格的に体調を崩すことはもう何年もありません。



その万全の健康管理のうちの一つが、薄いマスクして寝るという方法なんです。以前ネットサーフィンしているときに、見かけたサイトでは、確かマスクをして寝るだけで、免疫力が30%上がるという情報を知りました。(3倍だったかな?ちょっとあいまいです。笑)



それくらいマスク睡眠が免疫力・体調管理に効果抜群という証拠ですね!あとマスクして寝ることによって、自分の呼気がマスク内に多少なりとも溜まるので、そこで湿度が保たれるという事になります。


マスク内で湿度が保たれるという事は、自分の顔のマスク周辺の口周りや鼻あたり等の、お肌が保湿されるという驚きの副次的(ふくじてき)効果があるということも知りました。



ここまで書くとマスクをして寝る事がメリットだらけじゃないか?と思われる方もいらっしゃると思うので、一応書いておきますが、マスクの素材によっては、自分が寝返りをするとき等に、自分の肌とマスクがすれて、あまりお肌に良くないという情報があるようです。



僕は、これに関しては正直あまり共感しにくかったので、個人的にはマスクして寝ることによって、自分の肌に悪影響があった試しは今のところ、全くありません。


強いていうとしたら、寝ている間にマスクしたまま、無意識で寝返りとかすると、たまに口が空いたままのせいで、マスクにヨダレが垂れることがあります。笑 しかしこればっかりは、どんなに気をつけても寝ている間なので、なるときはなります。(そのときは、速やかにティッシュで拭きましょう!笑)



他にもマスクをして寝ることで、寝ている間に直接、口から冷気を吸うことを免れるので、間接的に体を温める効果もあるようです。実際に体は寒くなかったとしても、温度の低い空気を吸う事は、脳の温度を調整する血液の部分に影響して、脳の温度が下がり、脳が寒いと感じるのです



マスクによって直接、冷気を肺に取り込むことも防げるので、脳の温度だけに止まらず、体全身の血液も温めることに繋がるようです。さらにマスクのおかげで、口が乾燥する事を防げるので、朝起きたときの臭いを防げるとか。つまり口臭予防にもなるということですね。


どうでしょうか、ほぼほぼメリットしかないような気がしますが、デメリットがあったとしても、僕個人的には、ほとんど気にしません。今回は自分が実際に習慣の中に取り入れているからこそ自然な文章が書けたかなと思っています。



中には、睡眠の質が下がるとかそういう意見もありますが、自分にあったマスクを選ぶということが大切だと思います。素材も安物よりも多少値段が高いマスクを選んだ方がお肌に優しいとか聞きます。



この辺は、自分で探し続けるしかないかなと思います。僕は、自分が働いているバイト先の某飲食店で使っているマスクを、キレイな物だけ家に持って帰って、熱湯消毒をして、温水で手洗いをして、天日干しをして、使用しています。笑


決して高級なマスクではないですが、薄手のタイプで、たまたまお肌にも優しかったので、使っているという特殊なケースです。本当はお店や通販でちゃんと選んだ方が良いと思います。



ぜひ、気になった方は試してみてください。少なくとも健康的には、今までより運気が上がると思いますよ。


では、本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。