読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由なライフスタイルブログ

日常のありとあらゆる事を綴るブログ

PR

スポンサードリンク


お正月に家に遊びに来る小学校6年生の甥っ子に、いくらお年玉をあげようか考えている。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

f:id:masa-ryu16:20160108235800j:plain


(この記事を書いてる時点で12月30日です!投稿が遅れてすみません。笑)

ありったけの力を文章にぶつけていきたいと思います。何かどんなに色んなブログやサイトの文章を読みまくっても、いざ自分のブログを書こう!と思ったときは、はじめの段階では書くことが思いつかないんですよね。笑


まあいつもの事だからあまり気にせずにタイピングし続けようと思って、文章入力しています。最初に「書きたいことありき」、というよりは、両手の指を動かし続けて書きたいことが湧いてくるのを気長に待っている感じです。


専門的なことを書こうと始めから意気込んだら、それなりの専門知識もインプットしないといけなくなるので、それはたまには良いかもしれないけど、普段のブログでは何か違うな?って思うんですよね。なんていうか、もっと人間臭くて良いんじゃないか?って思ったりします。笑

 

 

人間臭さが文章に出ていたとしても、それがブログならではの魅力でしょう!と自分に言い聞かせて、ペンを走らせます。。。じゃなくてキーボードを叩き続けます。大体4~5行分?いや8~10行分くらい書いたら、段々と気分が乗ってきてスラスラと書きはじめることができるんですよね。



クオリティはさておき。笑 もちろん、どうでも良すぎるブログだったらあかんかな、っていう意識はちゃんと持ってるので、どっかでテーマを絞りにかかりたいのですが、もし仮にどうでも良すぎるブログになったらなったで、それなりのタイトルにしようと思いますので、誇大表現はしないようにします。笑


もう12月30日ですよ。今日も含めてあと2日で、2015年という今年が終わり、それと同時に2016年という年が始まります。年末に今のところ晴天が続いており、非常に嬉しい気持ちで毎日過ごしております



ここのところ、年末らしいこと書こうと思って、できるだけ書こうとはしてるんですが、なかなか年末らしいことやってる雰囲気が薄いので、内容薄いことしか書けてないですが、思い浮かんだら少しだけ書きます。


正月小学校6年生の甥っ子(2番目の姉の子ども)が自分の家に遊びに来るから、今年はお年玉をあげようと思います。今までは、1番目の姉や父があげてたので、自分は別にやらなくても良いかなとか思って、あげてませんでした。笑


自分の中では少しだけ罪悪感もあったのですが、アルバイト生活というのもあったし、正直ケチな性格というのも手伝って(笑)、お年玉をあげてませんでした。なのでさすがに今年(来年?)は甥っ子にお年玉をあげようと思います



超個人的な話というか、身内話なんですが、年末・正月にちなんでると思って、温かく読んでくださいね。いくらあげようかと思うのですが、やっぱり甥っ子的には、3000円以上貰えた方が、嬉しいに決まってますよね。


今まで、あげてなかった申しわけ無さもあるので、3000円にしようかと思います。世の中には1人あたりで、5000円とか1万円とか貰ってる恵まれてる子どももいるようですが、他人は他人と思って、気にしないでおきましょう。笑



そもそもの話なんですが、家(うち)の甥っ子は、お年玉以外の機会でも結構、色んなおもちゃやゲーム、マンガ本などを買ってもらってるみたいなので、正直傍から見たら「お前お年玉いらんやろ!笑」ってツッコミたくなるようなお坊ちゃまなんですが、それも今回は目をつむって3000円あげたいと思います。


この3000円が何に使われるのかは、甥っ子の自由であり勝手なのですが、できれば有益な物、そして長く使える、役に立つ物を買って欲しいと願います。子どもに人気の戦隊モノのおもちゃとか変身アイテムとかって普通に何千円とか飛んだりしますよね?



あんなものと言ったら、子どもの立場を脅かすかもしれませんが(笑)、どうしても欲しいなら、できればそれは親のお金で買って欲しいかな。笑 せっかくあげた3000円は美味しい食べ物とか、本とか文房具とか、ゲームだったらせめて長く愛用するタイプのソフトとか、そういう物に使って欲しいです。


とこんな感じで、まだやってもいないお年玉の使い道について妄想したことを書いてしまいました。子どもって大変ですね。笑 こんな事言ったら元も子もないかもしれないですが、こんなにお金がかかるんだったら、経済的に余裕がない状態だったら、絶対子ども作らない方が良いですよね。



もちろん、できちゃった結婚の場合は、もうしょうがないから、生むしかないとは思うけど、その後の両親(特に働き手の方)の運命を大きく変える事は間違いないようですね。


個人的には、経済的に余裕を作ることに成功してない限りは、絶対子ども作りたくないと思います。というか一人で生きていくことを選びます。笑 まず始めに経済的に成功する事が第一優先だと考えるから、自分のベクトルは絶対にブレないように歩みます。



すいませんシリアスな話しちゃいました。それにしても年末の空気感が好きだわ~。ちょっと早いかもしれませんが、とりあえずこの記事で書いておきます。


本日も最後まで読んでくださり、ありがとうございます。皆さん、来年も良いお年を!