読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由なライフスタイルブログ

日常のありとあらゆる事を綴るブログ

PR

スポンサードリンク


パラサイト(実家暮らし)でアルバイト生活がもうすぐ5年になるおれが『お金』よりも『時間』を優先する理由(後編)

スポンサードリンク

スポンサードリンク

f:id:masa-ryu16:20160121111030j:plain

 

masa-ryu16.hatenablog.com


(前回のつづき)
 
 
まず僕は、インターネットビジネスでお金を稼げるようになりたいな思っています。
 
 
理由はいくつかありますが、そのうちの一つはインターネットというものが、時間や距離を越えた、情報を手に入れることができたり、情報を発信することができます。
 
インターネットが繋がる環境でパソコンさえあれば、家にいながらにして、お金を稼ぐことができる。ということに非常に可能性を感じているからです。
 
 
ネットビジネスといったら、うさん臭いイメージがあると思いますが、それは巷で高額な価格で情報商材を販売している情報起業家インフォプレナー)たちが、作るセールスレターの中で
 
「毎日1時間の作業を続けるだけで月収30万円は稼げる」とか「この秘密のツールを使って3つのステップに従って作業すれば簡単に100万円稼ぐことができます」
 
とか明らかにそんな上手い話はあるわけないだろ!みたいな内容でも彼らは情報商材を売るために平気でそんな誇大表現を使いますからね。
 
 
全ての情報商材が悪いかというと、決してそういう訳ではないと思いますが、その情報商材を買ったからといって、全員が稼げるようになるかというとそれは皆無。
 
先ほど述べたような甘い言葉に誘惑されて、思いきって購入に踏み切ったのは良いですが、情報商材の中身というのは、基本的にネットで検索すれば出てくる内容の情報もあるし、アフィリエイトだったらアフィリエイトの本を読めば書いてあるような内容も普通にあります。
 
 
つまり、20万円とか30万円くらいで販売されているような高額な情報商材でも蓋を開けてみると、1500円くらいの本で事足りる。といっても大げさではありません。
 
実際にはメールやスカイプのサポートがついたり、作業の手順がステップごとに説明されているので、初心者にとってはとても分かりやすく、そこに価値があるような感じはしますが。
 
 
ただ、右も左も分からないから情報商材を買うことによって、「おれは成功までの最短距離を進んでいく!それにより、ムダな時間や労力をかけずに効率良く成長していける!」
 
といえば、聞こえは良いかもしれませんが、右も左も分からない状態なのにどこの誰が販売しているのか分からないような商材に30万円も払うのはあまりにもリスクが高いと言わざるを得ません。
 
 
もちろん、情報商材といったからには、実際に稼ぐために必要な情報が全て集められているとは思いますし、販売者がこれまでに経験してきた中で学んできた知識などの、いわば暗黙知みたいな情報もあるのかもしれません。
 
買って良かった!って思うような内容の情報商材も世の中に全く無いとはいいきれません。ただ情報商材アフィリエイトというものは、分母ないと成り立たないビジネスとも言われているので、オススメしない。と断言している先生もいます。
 
 
話がとても長くなりましたが、このようにインターネットビジネスがうさん臭い・怪しいと思われるのには、やはりこれまでのインターネットビジネス業界で実際に行われてきた実態から疑わざるを得ないことは確かです。
 
しかし、僕はそんな怪しいことをしてお金を稼ぎたいとは思いませんし、第一誰かから恨まれるようなことをしてお金を稼いでも全く嬉しくないですし、堂々と他人に話せないと思います。
 
 
ぼくは、基本的にお金を稼ぐっていうのは、大小関わらず、何かのサービスや商品を提供したのと引き換えにお客さんからお金を貰うのが最も正しいことであり、それ以外は無い。と思っています。
 
だからリアルであろうとネットであろうと、どうせなら人から感謝されながら、お金を稼いでいきたいですし、そのモチベーションを糧に、自分自身もさらに奮い立ち、さらなる商品やサービスの提供に励むというそういう循環を回していきたいなと考えているわけですよ。
 
 
それでそれでさらに、話を修正していきたいですが、なぜ自分が『お金』よりも『時間』を優先したのかというと、具体的にいえば、もっとパソコンをさわって作業量を増やしたい。とか、もっと大量の本を読んで見識を深めたい。とか、そういう理由です。
 
 
ぼくが尊敬するネットビジネスの成功者の方に羽田和広さんという方がおられるのですが、その方がおっしゃっていた「自己成長の先に成功がある」という言葉があります。
 
 
この言葉は僕の中で最も感銘を受けた言葉です。
 
「自己成長の先に成功がある」なんてこんな崇高で力強い言葉を他の誰が言えます?笑
 
 
巷で言われている、「ある作業をするだけで後は寝てても月収10万円!」とか「1日30分コピペだけで〇〇万円稼げる!」とか楽して稼げますよみたいな、
 
甘い言葉を囁いて金稼ぎしようとしているインチキ情報起業家には一生言えない言葉ですよね(笑)
 
 
昔読んだ本で何度か目にした文章があります。それは、「いま大金持ちになっている人間ほど、過去に膨大な読書量を経験していたという共通点がある。」という文章です。
 
これ、すごくシンプルな法則で何かヤバくないですか?(笑)
 
 
大富豪とか長者番付に載っているような人ほど、これまで過去に膨大な読書量を経験していたという共通点があるんですよ。
 
例外もあるかもしれませんが、この本に書いてあった情報によると、「ほぼ例外なく」だそうです。
 
 
どういう本を読んできたか?とかそういう次元じゃないと思います。おそらく興味が少しでも湧いた本は片っ端から読んでいき、今の自分の仕事に直接的には無関係の本でも面白そうだと思えばかまわず読みまくっていたんだろうと思います。
 
この話を聞いても全く何とも思わない人と、「そんな法則があったのか!ではさっそく膨大な読書量をこなさねば!」と闘志がみなぎり、テンションが上がった人もいると思われます。
 
 
ぼくはテンションが上がったタイプの人間です(笑)
 
人間の1日は24時間と限られているし、生きていくために仕事もしなければいけない。だけどそれ以上に自己成長したい。という思いも間違いなく人間にはある。
 
 
だからこそ、仕事以外で自己成長するためには週6でなおかつフルタイム(8時間以上の労働)で働いていたら、少しづつしか自己投資することができないだろうな。
 
と考えたからこそ、自分はアルバイトの道を選ぶことにより、ある程度の自由な時間を確保することにしました。
 
 
そのおかげでバイトの日でも6~8時間の確保、週休2~3日の休みを確保することにも成功しました。
 
当時バイトを始めたばかりのころ(22才くらい)は、バイト以外の時はダラダラ過ごすこともあり、本当の意味での時間の大切さは分かっていなかったです。
 
 
今では、1分1秒といえば、おおげさかもしれませんが、少なくとも毎分の使い方は年々、有意義になっていっていると思います。
 
時間の使い方が上手くなればなるほど、単純な作業レベルはもちろんのこと、情報の収集力や、決断力、次のアクションはどうするか、日常の何気ない時間に何を考えるか、大切な仲間との時間をどう過ごすか、などなど色んな事の密度が上がります。
 
 
明らかに5年前より3年前、2年前より1年前、1年前より今の自分が時間の使い方が上手くなっているなー。と実感しています。
 
これは、錯覚とかそういうあいまいなレベルではなくて、ハッキリとそう認識しているレベルです。
 
 
これは何よりも自己成長している証だと思いますし、今でも成長スピード自体が上がっている気がします。
 
このリズムを決して崩さずにずっと保っていきたいと思います。
 
 
ぼくの好きな「『自己成長』の先に『成功』がある。」という言葉を最後に書いておきます。
 
 
とても話が長くなりましたが、書いているうちにタイピングしている手がとまらなくなったので(笑)
 
また機会があったら、自分のリアルな話もどんどん書いていきたいです。